logo
 
 
閉じる閉じる

チュートリアル

絵をクリックすると動画で説明再生されます(※音声はでません)
   
 
 

コンテンツ

絞り込み検索
学年等
すべて
表示順
20763件中 1 - 20件目
1 2 3 4 5 6
  • 学校種等:情報教育教科等:
  • キーワード:
本年度の研究概要  (1)学びの場におけるICTの効果的な活用法の検証   子どもたち一人一人の能力や特性に応じた学びを構築するとともに,子どもたち同士が教え合い学び合う協働的な学びを創造するためには,どのようなICT環境が必要であり,どのような活用法が効果を上げるのかを,授業実践を通して検証し実践事例をまとめた。  (2)情報通信技術面における課題等の抽出・分析   タブレット型PCを中心とするICTを活用した授業実践に取り組む中で,情報通信技術面での課題等を抽出するとともに,授業でICTを利活用する際の技術的なポイントや留意点をまとめた。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:57
投票数:0
  • 学校種等:特別支援教育教科等:特別支援学校
  • キーワード:
 当センター特別支援教育部では平成17年度から3年間に亘り、知的障害と自閉症を併せ有する児童生徒の指導について、その障害特性の応じた指導内容、学習グループ、教育課程の編成の在り方について検討を重ねて参りました。今年度はその研究の成果を、このガイドブック「自閉症のある子どもへの支援」としてまとめることができました。  このガイドブックにより,自閉症のある児童生徒の日常生活,学校での活動が少しでも充実し,また,学校での指導,家庭でのかかわりが円滑になることを期待いたします。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:22
投票数:0
  • 学校種等:特別支援教育教科等:小学校
  • 学年等:
    通級指導教室
  • キーワード:
 当センター特別支援教育部では,平成19年度から2年間にわたり,通級による指導におけるLD・ADHD児の学習プログラムに関する調査研究をすすめ,特性に応じだ指導内容を整理し,通級指導教室における適切な学習プログラムの険討を重ねて参りました。そして今年度はその成果を,この「LD・ADHD通級指導教室における学習プログラム」としてまとめることができました。  この学習プログラムがしD等の児童生徒の指導にかかわる先生方,そして,通常の学級の担任の先生方の指導の一助になり,児童生徒が学校・家庭において,適切な支援のもとで充実した生活を過ごすことができますことを期待いたします。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:21
投票数:0
  • 学校種等:特別支援教育教科等:中学校
  • 学年等:
    通級指導教室
  • キーワード:
 当センター特別支援教育部では,平成19年度から2年間にわたり,通級による指導におけるLD・ADHD児の学習プログラムに関する調査研究をすすめ,特性に応じだ指導内容を整理し,通級指導教室における適切な学習プログラムの険討を重ねて参りました。そして今年度はその成果を,この「LD・ADHD通級指導教室における学習プログラム」としてまとめることができました。  この学習プログラムがしD等の児童生徒の指導にかかわる先生方,そして,通常の学級の担任の先生方の指導の一助になり,児童生徒が学校・家庭において,適切な支援のもとで充実した生活を過ごすことができますことを期待いたします。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:20
投票数:0
  • 学校種等:学校経営・教員の資質向上教科等:
  • キーワード:
 新学習指導要領への対応を視野に入れながら調査研究し,新しい時代が求めるカリキュラムについて提言する。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:24
投票数:0
  • 学校種等:児童生徒の健康と安全教科等:
  • キーワード:
 いつやってくるかわからない災害に備え,万一被害にあったときは大切な命を守り,できるだけ被害を減らす防災力を児童生徒一人一人に身に付けさせるため,新しい防災教育教材の活用方法や地域と連携した防災訓練を調査・研究し,防災教育を効果的に推進するためのプログラムを開発する。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:15
投票数:0
  • 学校種等:学校経営・教員の資質向上教科等:
  • キーワード:
 平成19年度,総合教育センターにおいて,県下の小・中学校から抽出で校内研修にかかわる学校の実態及び教員の意識調査を実施し,学校における校内研修推進の課題,教員の校内研修へのニーズ等を把握した。その結果,校内研修を推進する上で,組織マネジメントやカリキュラムマネジメント,さらに個々のキャリアアップという視点が重要であるととらえた。  平成20年度は,校内研修の中核である校内研究に視点を当て,その推進の中心となる教員層の力量の向上に資するために,教員の授業力を向上させる校内研究の在り方について研究することとした。  本書は,その研究を生かして作成した研究主任層対象の『校内研究ガイドブック』である
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:26
投票数:0
  • 学校種等:学校経営・教員の資質向上教科等:
  • キーワード:
 そこで本研究では教員研修の現状をまとめ,そこから新しい時代に対応するための教員研修の在り方について探ってみることにした。本年度はその初年度として,初任者研修を中心に基礎的な資料の収集を行う。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:19
投票数:0
  • 学校種等:情報教育教科等:
  • キーワード:
次の4点を「体験型モバイルサイト学習教材」の研究・開発の目標とした。  (1) 学習集団を生かす教材であること。(話し合い活動の場面を設定する。)  (2) 様々な動作環境(ネットワ-ク環境等)において容易に運用できること。  (3) パソコン操作を含め,携帯電話と類似な画面であること。  (4) 刻々と変化する状況に対応できること。(自動のバージョンアップ)
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:21
投票数:0
  • 学校種等:情報教育教科等:
  • キーワード:
研究の目標  (1) 情報活用能力を育成するためにメディアリテラシー教育に視点を置き,学校・家庭・地域が連携した取り組みについて,実践事例として示す。  (2) 各学校段階を通じた継続的な指導の在り方を明らかにする。  (3) 各学校種に応じた指導の重点部分を示す。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:18
投票数:0
  • 学校種等:情報教育教科等:
  • キーワード:
研究の目標  ? 学校Web ページを有効に活用し,積極的に情報発信を行うことによって,保護者や地域との連携を深め,開かれた学校づくりの推進に資する。  ? ICT ツールを活用した校務の情報化を推進することにより,教師が校務を効率化させることで児童生徒とかかわる時間を増やし,きめ細やかな指導のもとにより良い教育を実践していけるようにする。 初等中等教育機関における情報共有プラットホームNetCommonsの実証実験
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:22
投票数:0
  • 学校種等:特別支援教育教科等:高等学校
  • キーワード:
 1 県内の全ての高等学校を対象にアンケート調査を実施し,高等学校における発達障害のある生徒の支援の状況について実態把握を行う。  2 調査結果を基に,高等学校における特別支援教育の充実を図るために,実際の指導・支援場面での具体的な実践内容等を検討する。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:20
投票数:0
  • 学校種等:特別支援教育教科等:小学校
  • キーワード:
 自閉症のある児童生徒への指導・支援に関するノウハウを,小・中学校の児童生徒の実態に即するよう整理するとともに,授業の進め方,指導上必要な情報提示の在り方,学習環境の整備等,自閉症の特性に応じた指導・支援の工夫を行った実践事例をガイドブックとして刊行することにより,小・中学校に在籍する自閉症のある子どもの指導・支援に資する。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:17
投票数:0
  • 学校種等:特別支援教育教科等:中学校
  • キーワード:
 自閉症のある児童生徒への指導・支援に関するノウハウを,小・中学校の児童生徒の実態に即するよう整理するとともに,授業の進め方,指導上必要な情報提示の在り方,学習環境の整備等,自閉症の特性に応じた指導・支援の工夫を行った実践事例をガイドブックとして刊行することにより,小・中学校に在籍する自閉症のある子どもの指導・支援に資する。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:20
投票数:0
  • 学校種等:学校経営・教員の資質向上教科等:
  • キーワード:
 新学習指導要領への対応を視野に入れながら調査研究し,新しい時代が求めるカリキュラムについて提言する。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:17
投票数:0
  • 学校種等:学校経営・教員の資質向上教科等:
  • キーワード:
 他県教育センター等発行の教師力の向上や授業力の向上に関するガイドブックや報告書を収集し,内容の調査分析を行い,「授業力」のとらえ方を明確にした。そこから,研究グループとして「授業力」の構成要素を設定し,各要素について,特に重要とされ向上が求められている内容を,さらに調査・検討をした。  これらの調査・研究を基にして,教員の「授業力向上」につながる授業づくりのための手引書の作成をした。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:24
投票数:0
  • 学校種等:環境教育教科等:
  • キーワード:
研究の目標  (1)県内各学校が「エコスクール(環境に配慮した学校)づくり」を無理なく,組織的に,継続して取り組むことのできるシステムとして,「千葉県環境マネジメントシステム」の考えを取り入れた「千葉県学校版環境マネジメントシステム」を作成し,発信する。  (2)県内各学校の「エコスクールづくり」を支援・推進するために,「エコスクール・ちば」を企画する。  (3)「エコスクール・ちば」の活動を通して,自然環境のすばらしさや人間生活が環境に負荷を与えていることに気付き,環境保全や負荷の軽減のための活動ができることを考え,行動できる児童生徒・教職員の育成を目指す。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:16
投票数:0
  • 学校種等:情報教育教科等:
  • キーワード:
次の5点を「体験型モバイルサイト学習教材」の研究・開発の目標とした。  (1) 擬似的ではあるが,通常の仕組みと同様であること。(相互通信が可能,やり取り等のデータを一元管理)  (2) 学習集団を生かす教材であること。(話し合い活動の場面が設定できる。)  (3) 管理者権限を必要とせず,様々な動作環境(ネットワ-ク環境等)において容易に運用できること。  (4) パソコン操作を含め,携帯電話と類似な画面であること。  (5) 本来の利便性について学習できる教材であること。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:19
投票数:0
  • 学校種等:情報教育教科等:
  • キーワード:
 MEET(東京大学総合教育研究センターマイクロソフト先進教育環境寄附研究部門)が高等教育用に開発し, オープンソースのフリーソフトウェアとして無償公開している「eJournalPlus(批判的読解支援ツール)」と「Borderless Canvas(議論型プレゼンテーションソフト)」を活用した授業の実践事例を示すとともに,初等中等教育においても有効であることの検証を行う。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:20
投票数:0
  • 学校種等:小学校教科等:理科
  • キーワード:
 専門的な知識や技術を持った人材,県内各地に生息する動物・植物・環境などの自然,博物館や科学館などの施設・期間を「地域の教育資源」と位置づけ,金融や流通,運輸や通信,企業からの協力など人工的なものを,「社会の教育資源」とした。それらを理科教育に活用できる教育資源として「ひと」「もの」「ことがら」に分けることとした。  本研究では,新学習指導要領の趣旨を踏まえ,理科教育の諸課題を解決するために,地域と社会の教育資源を積極的に活用した,千葉県の理科教育の在り方を提言するとともに,活用方法とその事例を取り上げ,研究協力校での授業例を紹介する。
コンテンツ作成者:千葉県総合教育センター
登録者:国立教育政策研究所(コンテンツ登録)
公開範囲:サイト外部も含めて公開
登録日:2017/02/10
参照数:19
投票数:0
1 2 3 4 5 6