logo
 
 
 

参加規約

(はじめに)
第1条 本参加規約は、学習指導要領に基づく児童生徒に対する指導の一層の工夫改善・充実を図ることを目指し、次の各号に掲げる取り組みを行うことを目的に、国立教育政策研究所が運用する本サイトに参加して利用するための参加条件を定めるものです。
 一 教職員及び教育関係者が本サイトに参加して交流し、集積・共有されたコンテンツ等について議論を深める
 二 授業や学校運営上の工夫等についての情報発信・交流を行う
 三 都道府県の垣根を越えた全国レベルのネットワーク構築により、児童生徒の指導の一層の工夫改善・充実を図る

(定義)
第2条 本参加規約において使用する用語の定義は、次の各号に定めるとおりとします。
 一 本サイト
  国立教育政策研究所が提供するウェブサイト(https://www.contet.nier.go.jp/)
 二 参加者
  本参加規約及び利用規約の全ての記載に同意の上、本サイトに参加登録を完了した者
 三 登録メールアドレス
  参加者が本サイトに登録したメールアドレスの情報
 四 認証用ユーザーID
  本サイトを利用するに当たって、パスワードと照合して参加者本人を識別するための文字列 
 五 パスワード
  本サイトを利用するに当たって、認証用ユーザーIDと照合して参加者本人を識別するための文字列
 六 投稿
  参加者が本サイトのブログ、掲示板、グループのディスカッション等に情報を書き込む行為
 七 ブログ等の情報
  ブログ、プロフィール、コメント、画像、動画等、本サイトに投稿された情報
 八 コンテンツ
  児童生徒の指導の参考となる、教材や指導資料等
 九 個人情報
  参加者個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む)
 十 ログイン内部
  参加登録者がユーザーIDとパスワードを入力することにより利用可能となる、本サイトの各ページをいいます。

(参加規約の変更)
第3条 国立教育政策研究所は、必要に応じて、本参加規約を予告なく変更することがあります。
2 変更後の参加規約は、国立教育政策研究所が別途定める場合を除いて、本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。
3 本参加規約の変更の効力が生じた後、参加者が本サイトを利用した際には、変更後の参加規約の記載内容全てに同意したものとみなされます。

(個人情報の取扱い)
第4条 国立教育政策研究所は、参加者の個人情報について、本サイトに表示する「プライバシーポリシー」に則り、適切に取り扱うものとします。

(サイトに参加できる者)
第5条 本サイトに参加できる者は、次の各号に該当する者とします。
 一 教職員 
  小学校教職員、中学校教職員、高等学校教職員、中等教育学校教職員、特別支援学校教職員、幼稚園教職員、高等専門学校及び専修学校において中等教育を担当する教職員
 二 教育関係者
  A 教員委員会・教育センター等職員
    都道府県・市町村教育委員会及びその関係機関の職員
  B その他教育行政機関職員
    国立教育政策研究所職員、文部科学省職員
  C 大学教員
    教員養成又は教育研究に携わり、大学・大学院・大学共同利用機関に所属する教員
  D ICT支援員
    教員のICT活用をサポートする者のうち、本サイトでの活動が必要として、サイトへの参加について校長の了承を得た者

(参加登録)
第6条 招待メールを受け、本サイトへの参加を希望する者は、本参加規約及び利用規約の全ての記載内容に同意した上で、参加登録を行うものとします。なお、参加登録完了後については、参加規約及び利用規約等の全ての記載内容に同意しているものとみなされます。
2 参加登録にあたっては、氏名、所属学校種、メールアドレス等所要事項につき、最新、真実かつ正確な情報を入力するものとします。なお、登録した情報に変更があった場合は速やかにサイト上で変更するものとします。
3 登録時等に取得したユーザー情報の一部を、本サイトのログイン内部において、参加者のプロフィールとして公開するものとします。なお、本サイトにおける活動は本名によるものとしますが、職場で旧姓の使用が認められている場合は、旧姓での活動も可能とします。
4 国立教育政策研究所は、第1項の参加登録が行われた場合、所要の手続により参加登録を認めるものとし、その完了をもって参加登録の完了とします。
5 国立教育政策研究所は、第9条第2項に定める事由その他参加登録を認めることが適当ではないと判断する場合は、予告なく、また、参加登録を行う者の同意なく、参加登録又はその完了のための手続を無効とすることができます。このことによって生じた損害(第三者に生じた損害を含む)等について、国立教育政策研究所は一切の責任を負いません。

(認証用ユーザーIDの保有および管理)
第7条 参加者は1人につき1つの認証用ユーザーIDを保有することを原則とします。
2 1人の参加者が複数の認証用ユーザーIDを保有すること、複数人が1つの認証用ユーザーIDを共同して保有することはできません。ただし、国立教育政策研究所が別に認めた場合を除きます。
3 参加者はいかなる場合においても、認証用ユーザーIDを第三者に譲渡又は貸与することはできません。
4 参加者は、認証用ユーザーID及びパスワードの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとします。
5 認証用ユーザーID又はパスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害(第三者に生じた損害を含む)等について、国立教育政策研究所は一切の責任を負いません。
6 認証用ユーザーID及びパスワードを第三者に了知され、又は不正使用されたときは、当該参加者は速やかにその旨を国立教育政策研究所に届け出るとともに、国立教育政策研究所の指示に従ってください。ただし、このことにより、参加者は免責されず、また、国立教育政策研究所は一切の責任を負いません。

(登録メールアドレスの管理)
第8条 参加者は、自己の登録メールアドレスの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとします。
2 登録メールアドレスが第三者に利用されたことによって生じた損害(第三者に生じた損害を含む)等について、国立教育政策研究所は一切の責任を負いません。

(退会及び登録の抹消等)
第9条 参加者が退会を希望する場合には、参加者は、国立教育政策研究所所定の方法により、退会手続を行うものとします。
2 国立教育政策研究所は、参加者が次の各号に掲げるいずれかの項目に該当する場合には、国立教育政策研究所の判断によって、当該参加者の登録を抹消し将来の参加を認めず、又は本サイトを一時的に利用させないこと(以下「登録の抹消等」という)ができます。
 一 登録メールアドレス又は勤務先に連絡が取れないなど、参加登録の内容およびプロフィール情報に明らかに虚偽があるか、又は誤りがあると思われる場合
 二 一定期間ログインがなされていない場合
 三 ICT支援員の活動継続について、推薦者又は配置先に確認が取れない場合
 四 第5条各号の者に該当しないと判明した場合
 五 本サイトの各規約に違反した場合
 六 その他国立教育政策研究所が不適切と判断した場合
3 前項の定めは、国立教育政策研究所が登録の抹消等を行う義務を有するものではなく、国立教育政策研究所は、参加者又は第三者に対して、登録の抹消等をし、又は行わないことによる一切の責任を負いません。

(利用環境)
第10条 参加者は、自己の利用環境に応じてコンピューターウイルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。
2 国立教育政策研究所は、参加者の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

(禁止事項)
第11条 国立教育政策研究所は、参加者が、利用規約第4条の各号に定める禁止事項を行うことを禁止します。

(サイトの変更等)
第12条 国立教育政策研究所は、必要に応じて、参加者に予告なく本サイトを変更、中断、終了することができます。

(著作権)
第13条 参加者が投稿したブログ等の情報の著作権は、利用規約第6条に定めるとおりとします。
2 本サイトから提供されるコンテンツの著作権については、利用規約第8条に定めるとおりとします。

(グループ)
第14条 本サイトにおけるグループについては、利用規約第9条に定めるとおりとします。

(ログ情報)
第15条 国立教育政策研究所では、本サイトの利用状況を把握するために、ログ情報をファイルに記録します。これは、本サイトの運用等に関する記録として残します。
2 一部のログ情報は、個人が特定できないよう統計処理を行い、学会・報道・政府関係機関等へ報告する場合があります。
3 利用規約第11条第7項各号に掲げる場合には、第三者にログ情報を開示することがあります。

(参加者との連絡)
第16条 国立教育政策研究所は、参加者に対して、本参加規約の違反への対処等、本サイトの利用に係る連絡を個別に行う場合には、原則電子メールを用いて登録メールアドレスへ連絡します。

(準拠法及び所轄裁判所)
第17条 本参加規約の準拠法は、日本法とします。
2 国立教育政策研究所と参加者との間に本サイト又は本参加規約をめぐって紛争が発生し、訴訟により解決する必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

(附則)
1 本参加規約は平成25年10月31日から施行します。